パチスロ vita

パチスロ vita

 そして次の瞬間、変わらず考助達に剣を向けていた男の頭を抑え込んで無理やり頭を下げながら、自身も深々と頭を下げた

「も、申し訳ありませんでした!!!!」 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ デフレイヤ一族の長であるジゼルの屋敷に着いた考助達は、すぐにジゼルとカミラに頭を下げられた

あなたも好きかも:大津 パチンコ屋
「いや、もう当人たちに十分謝ってもらいましたから」「いや、そうはいきません

教育が行き届いていなかったのは、我々の怠慢です」「そうです」「そうは言ってもね

ピーチを連れて来ないで、さらに連絡もなしに来た僕も悪いでしょう」 考助の言葉にジゼルとカミラの二人は首を左右に振った

「それは関係ありません

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ プレゼントウォー
転移門の特殊性についてしっかり伝えていなかったのが悪いのです」「門から来れるのが関係者しかいないのだから、いきなり剣を向けるなどもってのほかです」 言葉を重ねてくる二人に、これ以上考助が何を言っても無駄だろうと悟った

 この話題を続けてもお互いに良い思いにはならないと察した考助は、さっさと話題を変えることにした

あなたも好きかも:大阪狭山市 パチンコ
「ま、まあそれはともかくとして、しばらく来れませんでしたが、里の様子はどうですか?」 あからさまな話題転換だったが、長の二人もそれに乗って来た

「変わりありません」「コウスケ様には、一族にとって安全な場所を提供していただいたことを感謝しています」 カミラはそう言って頭を下げた

 実は既に、同じような言葉は来るたびにもらっている

 デフレイヤ一族もそうなのだが、アイスラー一族も塔に保護されなければ、存亡の危機だったのだ

 それだけ感謝の気持ちは深い

「安全と言ってもモンスターは出てきますがね」「それはですが、この世界でモンスターの出てこない場所はありません