rhodes ブラックジャック

rhodes ブラックジャック

あなたも好きかも:カジノ 潰す 方法
私としては、こっちにくるとは思わなかったのだけれど?」「僕の居場所はここに作った、それだけの話だ」「割り切りがいいわねえ」「それとも、なにか

寝狐殿は、否応なくこちら側にきたとでも?」「そこを突かれると痛いわね……確かに肉体は消失したけれど、あちら側でそのまま消える選択肢も、私にはあったもの」「僕は僕なりに、あらゆる選択肢の中から選んだだけだ

後悔した時には愚痴に付き合ってくれ

それに――こちら側であったところで、死は必ず訪れるだろう?」「早いか遅いかの違い、だけれどね」「ならば、立っている場所が違っても同じことだ

寝狐殿も僕がいれば退屈せずに済むだろう?」「胃が痛くなっても医者はいないのよ、ここ」「それは僕の精神安定のために我慢して欲しいものだ

あなたも好きかも:パチンコ 練馬
年長者なのだからな」「まったく……」「そういえば最近、まったくと、よく言うな?」「あんたが言わせてるんでしょうが!」「おお、いいな

大声もストレス発散には妥当な選択だ

なあに、ここでは誰も聞いてはいない

卑猥な単語を叫んでも、僕が、頭は大丈夫かと問うだけのことだから好きにしろ」「言わないわよ……」 そうかと、みこは頷きながらも寛ぐ

 約束をしたことを忘れてはいない

だが、それを口に出すことはないだろうし、なかったとしてもみこはここへ来た

そこに間違いはないのだ

あなたも好きかも:パチンコ 百花繚乱2 甘 潜伏
 もしも、世界の意志が関与したのならば、不安定ともとれる二人の存在は消されるだろう

けれど今はまだ、こうして存在していられる

仮初の安全地帯の中で、昨日とは違う今日を続けていく

「――あら、レィルとレインの繋がりはあるみたいね」「そうか」 なら、二人だけの世界にはならずに済むだろうか

 小さなことでも楽しんで行けば、小さな世界でも問題ないだろう――そんな楽観じみた思いを抱きながら、みこはことの推移を見つめることを選択した

まだ昼過ぎなのか、もう昼過ぎなのか、判断に困るものだなと思いながら、佐々咲(さささき)七八(ななや)は一人、頭を掻いて空を見上げた

青空とは呼べない曇天だが、雨の気配はまだ近くにはなく、最近では日中でも強く感じられた紅月の魔力が一切ないことが、いささか安定しないような、物足りないような感覚を抱きながらも、正直な内心を吐露したのならば、七八は実に暇だった