バイオハザード スロット ヤフオク

バイオハザード スロット ヤフオク

姉はエミリアが何を考えているのかもう見切ったらしく、後続の部隊に「あの吸血鬼はエミリアちゃんに任せて、私たちは上に行くわよ」と指示を出している

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 6号機 音楽
 静かにバスタードソードの切っ先を吸血鬼へと向けると、その吸血鬼も懐からナイフを取り出した

あなたも好きかも:松原 パチンコ
典型的な吸血鬼であるならば必要以上に装飾のついた派手な武器を好む傾向にあるが、この男はそういう部分でもストイックなのか、彼が取り出したナイフは特に装飾がついていない実用性を重視した小型のナイフだった

 バスタードソードに小さなナイフで挑むつもりなのかと、高を括るつもりはない

相手はそのような得物で生き延びているのだから、それの扱いに精通している

あなたも好きかも:門前仲町 パチンコ バイト
侮ってはならないのだ

「――――――貴様の名は?」「『ヴィクトル・ヨーゼフ・フォン・イシュトヴァーン』だ

お見知りおきを」「分かった」 ヴィクトルがニヤリと笑うと同時に、エミリアも笑った

「――――――――――――エミリア・ハヤカワ、推して参る」 書庫を突破し、少数の兵士が警備していた通路を通り過ぎた先に広がっていたのは、他の部屋や通路よりも派手な装飾や真っ赤なカーペットが埋め尽くす、広大な空間だった

 けれども何度も目にしてきた広い部屋とは明らかに違う

入り口の反対側には、やたらと派手な装飾のついたでっかい椅子が鎮座していて、綺麗な石の床をまるで通路のように覆っている真っ赤なカーペットは最終的にその椅子へと行きついていた

 椅子の周囲には2段か3段くらいの階段のようなちょっとした段差があって、そこに座る物は周囲にいる者たちとはくらいが違うのだという事を強調している

巨大な金塊の中から削り出して作ったようにも見えるその椅子は、この帝国を治める皇帝が腰を下ろすための椅子である

 オルトバルカ王国大使館からの避難勧告によって、戦闘が始まるよりも前に皇帝や貴族たちは退去してしまったため、ここにはもう吸血鬼以外は誰もいない筈だ

 だから俺は、その豪華な椅子の上に腰を下ろして俺とノエルを見下ろす黒髪の少年に、容赦なくPP-19Bizonを向けていた

 俺と同じく全体的にすらりとしているが、少女のような容姿をしているというわけではないし、男にしては華奢というわけでもない

むしろすらりとした身体にスマートな筋肉を上手く詰め込んだような体格をしているのが分かる

 前髪の一部のみが金髪で、それ以外は黒髪という変わった色の髪が特徴的な少年は、皇帝が座る筈の椅子の上に腰を下ろし、自分がこの帝国を統べる男だと言わんばかりにこちらを見下ろしている

銃を向けられているというのに怯える様子はないし、むしろこれから自分に牙を剥こうとしている俺たちを嘲笑っているようにも見えてしまう