スロット マジンガーz 中段チェリー

スロット マジンガーz 中段チェリー

恩人の賢者が深刻そうにジュリアンが話している間、私は少しだけ″彼″が育った故郷が気になって、回りを見回すような感覚で、雰囲気を納まる場所越しに感じていた

【銃を、奪われた

もしもの為に造っておいた抑止力の方を、奪われるなんて情けない限りだ

あなたも好きかも:パチスロ 有名ライター
造った者として、責任を取らないといけない】銃という武器について真剣に語る恩人に、ジュリアンも顔を緊張させながら受け答えて、自分も手伝うみたいな事を口に出していた

その話題になっている武器は、相当に危険な道具らしいので、それを作った責任があるとかないとか

あなたも好きかも:陰陽師 パチンコ アプリ
私のすぐ"隣"にいる、"彼"がそうらしいんだけど、この鉄の塊の道具は一体どれだけ危険だというのだろう?

あなたも好きかも:パチンコ 高校生 入店
まあ、私には関係ないか

それから再びジュリアンの故郷を眺めていたなら―――ふと、視線を感じる

視線の主は、恩人という"賢者殿"で、私は見つめられていたような感じを、確かに受けた

ジュリアンに、ありがとう、助かると本心からお礼を言いながらも、私を"監視"している

―――何なのよ、とジュリアンの故郷の雰囲気を楽しむのを止めた

銃のホルスターの中で、私の事を伺っていた恩人であるという賢者に意識を向けらたなら、感じていた"監視"の視線はたちどころに消えた

―――あの恩人とかいう人、私の事に気がついてはいるわね

魔力の強い人なら、住まいである"絵本"の方なら魔力を―――扉の向こうにいる"旦那様"が、気まぐれに吸ってしまうので、存在を気がつかれてしまう事はあったのを覚えている

でも気がつく事が出来たとしても、不思議がるくらいで、絵本に対してなにも出来ない人が殆ど

そして"住まい"である絵本を所持する人も、特にそれについて説明ができるわけでもないが、"昔から"あるという事で、それなりに大事に扱ってくれるのもある

何より大概絵本の側には、人の時の私が傍らにいるから、粗末に扱う事はない

人の時の私に、旦那様の記憶は全くない