スロット ガロ

スロット ガロ

 劣等感はない

攻撃ができないからといって、戦闘ができないわけでもなく――そして、攻撃とは、あくまでも術式に絡んでのことでしかないのだ

 だからこれも、攻撃ではない

あなたも好きかも:偽物語 スロット 中古
ただ、そう、ただ――リウは

 鉄を打つための火を、熾そうとしているだけだ

 ――純度は高く

 濃度を上げて

 それこそ世界中の火と呼ばれる要素を、この場に集めよう、という気概だ

 冷やすための水、打つための火、叩くための鋼――この三つを知ろうとする、その一歩

 上空を妖魔が通過しようとする頃にはすでに、火はその形を作って燃え上がった

あなたも好きかも:スロット ドカベン
大地を焦がし、岩の表面を撫で、木木は避け、空気を攪拌しながら燃え上がる

三日前にエイジェイが前線に出た時に上がった火柱など、比較対象にもならぬほどの、炎柱だ

 ――もっと

 三つの宝石を噛み砕き、額に流れる汗を拭いながら、肩に乗ったメイに一瞥を投げれば、実に嫌そうな顔をしながらも、頷きが返る

当人の――当猫の心情を察すれば、どうせ毛が焦げて毛並を整えるのが大変だから、それだけは避けたいのだが、なんて感じだろう

知ったことではない

 術陣が百枚を超えた辺りから、躰の重さが消える