ペルソナ 4 パチンコ 一 発 告知

ペルソナ 4 パチンコ 一 発 告知

 勝手に触られても困るし、それに付き合う程暇でもない

 備え付けのティッシュで口を拭き、おもむろに立ち上がってグラスの水を女に掛ける

 意外に可愛らしい悲鳴

 その隙に、漫然と警棒を握っていた隣の女の腕を掴んで横へ振る

 先端が叫んだ女の鼻先に当たり、再び悲鳴

あなたも好きかも:奄美 パチンコ 大丸
 鼻血は出ていないと思うし、そこまで構う義理もない

「私はあなた達に用はないし、付き合う気もない

あなたも好きかも:死に戻り スロット
どうしてもと言うなら、明日の放課後自警局へ来て」「ば、馬鹿に」「本当、私でよかったわよね」 これが優さん達なら、すでに倒れているか逃げ出しているかのどちらか

 なんて言うと、彼女は否定するかもしれないが

 連中が呆然としてる間に警棒を奪い取り、床にうずくまった女の首筋にそれを添える

 即座に周囲から集まる注目

 何より突然の出来事に、女達の気は完全に削がれてしまう

「続きをしたい人は?」 返事もなければ、視線を合わせる者もない