龍が如く4 パチンコ やり方

龍が如く4 パチンコ やり方

「————お待ちしておりました」 待っていた……のだろう

扉の前にはダリアさんの姿があった

そして元気いっぱいになったミラの姿を見て、感情の読めない無表情のままその扉をゆっくりと開く

無邪気に走り回っていたさっきまでとは違う、以前来た時の畏まったものとも違う表情でミラは僕を見つめ、そして胸を張って神殿へと入って行く

僕は彼女がとったこの行動の意味を、まだ理解していなかった

あなたも好きかも:パチンコ ガロ 評価
これで三度目だがまだまだ慣れない

廊下の装飾だとか調度品が、と言うのもあったが、靴が床を打つ音以外何も聞こえない空気の重さ、厳かさが僕の肌を刺すかの様に感じられた

「……随分早い再開となりましたね」「え? ええ……そうですね」 珍しく、というか、今日の昼に一度会った時以外は全て業務連絡しかしていなかったのだが、ダリアさんの方から僕に——そう、ミラではなく僕に話しかけてきた

あなたも好きかも:松山市 パチンコ コロナ
だから僕はテンパって、しょうもない、話の広がらなさそうな返しをしてしまった

なるほど、これがコミュ力……っ!「では、すみませんが先に市長様」「え? あっ、そうでした

あなたも好きかも:パチンコ ハイスクールフリート 設定示唆
すぐに着替えてきます」 神殿に入ってすぐ、ダリアさんに指摘されてミラは急いで別の部屋へと走っていった

きっとこれも神殿の謎の一つなのだろう

と、流してしまってもいいのだが……ううむ

どう見ても前回来た時と間取りが違う、前回は廊下の途中に扉など無かったし

あんな一本道に案内人がいると言うのも、そういうことなら納得出来るだろう

いや、全く納得出来ない

断じて納得してはならない理不尽が起こっているように感じる

「…………あれほど……」「……ダリアさん?」 ぼそりと何かを呟いたダリアさんの方をふと振り向くと、彼女にものすごい剣幕で胸倉を掴まれ壁際に追いやられた

「なっ! ダリアさん⁉︎」「あれほど念を押したはずですが