バイオハザード5 スロット やめどき

バイオハザード5 スロット やめどき

このリー・エンフィールドは親父の得物だ

俺が持ってみたいって言っちまったから、親父はわざわざ装填されていた弾丸を全部抜き取って俺に持たせてくれたんだ! 俺がライフルを持ってみたいって言わなければ、もう既に頭を撃ち抜いて熊を瞬殺していただろう

俺のせいで、親父は丸腰で夢魔に戦いを挑まざるを得なくなっちまったというわけだ

 熊の剛腕を目の当たりにしても、親父は全くビビっていない

あなたも好きかも:ゴッドイータ パチンコ 新台
むしろ逆ににやりと笑う

あなたも好きかも:香港国際空港 マカオ
 その直後、いきなり親父の足元にあった地面の土が舞い上がったかと思うと、そこに立っていた筈の親父が、唸り声を発する熊に向かって突っ込んでいった

 一瞬で熊に急接近する親父

あなたも好きかも:パチンコ タイガー 南吉成
その瞬発力に驚いていると、いきなり振り上げた親父の右手の拳が、人間の皮膚ではなく赤黒いドラゴンの外殻のようなものに覆われ始める

しかも、俺の尻尾を覆っている外殻よりも分厚い

 あれが親父の能力なのかと仮説を立てながら見ていると、親父はその右手の拳を熊の顔面へと叩き込んだ

呻き声を発しながらよだれと鼻血をまき散らす熊

外殻を生成して硬化した拳でぶん殴られ、鼻の骨を木端微塵にされた熊は、体勢を崩すよりも先に親父の追撃を喰らう羽目になる

 何とか親父に反撃するために前足を振り上げる熊

だがその前足が振り下ろされる前に親父の左手の拳を前足の関節へと叩き込まれた