戦 コレ パチスロ

戦 コレ パチスロ

「……なあ、俺はどうしたら……」「だから、良いんだって……もういいの

 むしろね、苦しんだルイスを助けてあげたのよ」「いや、ダメだろ……」取り返しがつかないことをやってしまっていたらしい

いや、待てよ……

「他の使徒だって、考え無しに倒してたけど……」前も同じことを悩んだ気がするがその時はここまで深刻に考えていなかった

「だからーっ

あなたも好きかも:パチンコ 悪質
もういいんだって」「……いや、ダメだ」「……但馬、大なり小なり人は罪を犯してるものよ

 公の場で偉そうに人に道義を説教してるやつが 普段の言葉や行いで気づかずに人を深く傷つけまくってたりしてね」「いや、そんなスケールの小さな話じゃないだろ……」「そんなもんですってー! 英雄の人生に大小の過失は付き物なのよ! むしろ但馬が苦しんでいたルイスを救ってあげたのよ! よっし!なんか元気出てきた!」「いや、待てよ……こっちは出ないぞ……」「次の場所に行くぞー! ほら、但馬、クヨクヨ悩まない! 我々はちっぽけな人の造った倫理を 超越した場所に居るのよ!? 今さら何よ!」「……あの、いや……」力が入らないまま、俺は月面を歩き出す

背中では美射が騒いでいるがまったく聞こえない

あなたも好きかも:羽島 パチンコ 評判
青い炎が揺らめきながら、俺たちを包んでいる

何てことだ……美射の昔の仲間を殺ってたのか

何てことだ……

次第に力抜けていって、月面の砂地に座り込んでしまう

「あ、あれー?」美射が背中に抱き着いたまま心配そうに尋ねこんでくるが「いや、ダメだわ……すまん、しばらく休みたい

あなたも好きかも:パチスロ 未来
 最初に居た施設まで帰ろう……」「……うぅ、そうかぁ、但馬は確かに 綺麗すぎたかもしれない……」「……」何も考えられない

「……この程度のことは 散歩する人間が気付かないで小さな虫を踏むのと 同じなのよ

あなたくらい存在も力も大きくなるとね

 力を持つってことは、力なきものを 無意識に傷つけることなの」「……」「……それをサイコパスの考えだって 言うならそれでいいけど 綺麗すぎる道は、誰かが汗水たらして 泥まみれになって舗装したものなのよ」「……いや、俺が汚くなくて 完璧に正しいとか、聖なるものなんてことも 一度も思ったことはない

 でも、少し、頭を整理する時間が欲しい……」「……分かった

 とりあえず立ってよ