ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか スロット

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか スロット

まだ立てずにいるルドヴィークのところへ魔術でふわりと届けられた小瓶には、魔物の薬が入っているようだ

体を起こしてそれを受け取ろうとして、ルドヴィークはぎくりとした

怖がることではないのだが、寧ろどきりとしてしまったのだ

あなたも好きかも:入金不要ボーナス オンラインカジノ
「…………傷が、…………ない?」体を起こして、アイザックに貰った傷薬を使おうとしたところで、その際に体が全く痛まないことに気付いたのだが、触れてみた指先にはつるりとして綺麗に塞がった肌が触れる

押してみても痛まないし、試しにもう少し体を動かしてみても体の中も痛まなかった

確かに口の奥には血の味が残っているが、いつの間にか喉に込み上げてくる熱さや痛みも消えている

あの薬が治したとしか思えなかったが、だとすれば、この治癒力の凄まじさはどういうことなのか

あなたも好きかも:スロット 引き強い人
そんなことを考え呆然としていると、ばしゅりと、青白く鋭い光が弾けた

「……………アイザック!」慌てて顔をそちらに向けると、さらさらとした長い黒髪が視界に入った

髪をほどいたのか、髪を留めていたものが壊されたのか、その長い黒髪を美しいと考えてしまい、それどころではないのだと自分を叱咤する

あなたも好きかも:スロット ジャンバリ
アイザックが迎え撃ってくれているのであれば、そしてこの体が動くのであれば、ルドヴィークには家族を助けるという義務がある

目の前の、壮絶な、そして震える程に美しい人ならざる者達に見惚れていてどうするのだ

任せて大丈夫だろうかとそちらを見た際に、いつもは手袋で隠されているアイザックの手がちらりと見えた

白くきめ細やかに見えるその肌には、びっしりと魔術陣や魔術式が刻み込まれている

指先は黒く見えるほどにそれらの術陣や術式に埋め尽くされており、まるで黒い手袋をはめているようだった

ふと、文献でしか読んだことのない魔物のことを思い出した

欲望を司る魔物は悪食の一種で、珍しい魔術を喰らうのだそうだ

体のどこかに多くの白を持ち、長身の男性姿をした公爵の魔物であるとされる

「ルドヴィーク!」そんな事を考えながら体を低くして何度か短い転移を踏み、ルドヴィークは空振りだった集会所の瓦礫を抜け、次に目星を付けていた箱馬車の残骸の影に飛び込んだ