懸賞 ゲーム機

懸賞 ゲーム機

…も、もしかして僕は怒られるために呼び出されたのか?とてもそんなふうには見えないけれど

それ以外の理由で呼び出された理由が全く思い浮かばなかった

「あ、あの…っ

その…っ

あなたも好きかも:世界 カジノ ランキング
」どうしていいのかが分からなくなって、ただただ言葉に迷ってしまう

だけど唯さんは優しく語りかけてくれたんだ

「落ち着いてください

あなたも好きかも:パチンコ cr クイーンズ ブレイド 2
慌てなくても大丈夫です

事情を説明しないまま同行させていただいたのは私の個人的な事情ですし、そのせいで困惑させてしまったのは私の責任ですので、澤木様はお気になさらないでください

あなたも好きかも:オリエンタル スロット
」「い、いや…でも…っ

」「良いんです

私のことを何も知らずに接してくれた澤木様には感謝しています

それに…何も知らないからこそ、私をごく普通の女の子として見てくれたことがすごく嬉しかったんです

」…え?唯さんが喜んでくれていた?その事実は僕には理解出来ないけれど

唯さんには何か深い事情があるんだと思うことでようやく理解が追いついてきた

「あの…

唯さんが…あ、いえ…唯王女がアルバニア王国のお姫様だとして…どうして戦争に…?」どうして戦争に参加していたのかを問い掛けてみようとしたところで

「その質問には俺から答えよう

」僕の質問を察してくれた杞憂さんが隠されていた事情を説明してくれるようだった