ルーレット 狙える

ルーレット 狙える

あなたも好きかも:ドリブル ルーレット
 翔花にとってそれは見なれたものであっても、鍔鳴りを聞いて放ったのだと認識できるものでしかない

それに対して小柄なベルはどうするのかと思って見ると、しかし少年はやや視線を下に向けるようにしてジャケットの内側から煙草を取り出すと、流れ作業で口に咥えて左手に持っていたオイルライターで火を点ける

あなたも好きかも:スロット ボタン 押し方
 妙に、その鍔鳴りの音は残響を作って静寂の間と張りつめた空気を演出した

あなたも好きかも:パチンコ 一日 最高額
 ――コイツ

 頭部にじわりと汗が滲むような感覚を、暁は初めて知った

雨天の師範として君臨している静(しずか)と対面した時、あるいは槍の朧月(おぼろづき)や小太刀二刀の都鳥の師範たちと試合った時とはまったく違う感覚だ

 一体何が違うのか、それを疑問視するよりも前に、紫煙を吐き出したベルは煙草を右手に持って軽く振る

「ん、おう」 見た目では何も起きていないが、しかし現実として暁は居合いを放った

それは威嚇でもなんでもなく当てるつもりで――そう、〝つもり〟で放ったものだ

避けるとそう思ってもいたが、現実には当たらなかった

 だから、これは暁自身が当てなかったのだと、そういうことになる

 当てなかったのだ

 それを、当てられなかったのだと、ベルは判断したが

「二つ目の要求だ」「……おい」「いや、最初から要求は一つで済むんだが、俺もお前とこうして対峙したことなかったからな、試しただけだ

俺が試されたんでもべつにいい」 いいや、試されたのは暁だけだ

「で、要求だ暁

――お前の〝雨天〟を見せろ」「――」「強調してやったんだ、意味はわかるだろ