オンラインカジノ 求人

オンラインカジノ 求人

そんな彼に心苦しさを感じながらも、優樹は腕時計を確認して、鞄から部室の鍵を取り出し、華音の後ろから腕を伸ばしてテーブルに置いた

「鍵は、置いていくね

誰かが持ってて」「……ホンマにやるんか?」 鍵を寂しそうに見つめる華音の対面側から一平が戸惑いを露わに切り出した

「……そいつと、オレ、話したろか? なんとか説得出来るかもしれんし……」「大丈夫だよ」 優樹は、再び華音の髪の毛を指先で解かしながら苦笑した

「ほら、要は……みんなに出会う前に戻ればいいだけだから」 一平は少し眉を動かしたが、優樹は誤魔化すように情けなく笑った

「一人でボーッとしてたし

それを二日間やるだけ

あなたも好きかも:設定変更 スロット
慣れたモンだよ」「……せやけどなや」「これが終われば、体育祭が待ってる

加奈ちゃんも退院してくるし

そう考えたら、簡単に乗り切れると思う

あんまりややこしく考えない方がいいよ、こういうのって」 言葉を遮って微笑むと、優樹は一平の隣で不快げに口を閉じている生美へ目を向けた

「……生美ちゃん、ちょっとの間だけ、お願いね」「……、ホントに大丈夫なの?」 心の奥を見透かそうとするような真っ直ぐな目と、真剣な表情で問われ、優樹は一瞬、心臓をトクンと高鳴らせた

あなたも好きかも:所ジョージ パチンコ
 ――なぜだろう

ほんの少し泣きたくなった

 瞬きを繰り返しながら俯いた優樹は笑みを溢し、華音の髪の毛を軽く束ね、揺らしてもてあそぶ

「……大丈夫

……平気