lov スロット

lov スロット

しかも悪いお知らせ

ヴァルハイツにいるエルフを含めた亜人種も地下に囚われ、抹殺命令が出たわ」「な、なんという……」 ディーヴァ達はやはり自分達が思っている以上に話が進むのが早いと、不甲斐なさに落ち込むが、「でもその地下の心配はしなくていいわ

あなたも好きかも:地獄少女 パチンコ モード変更
アイシア達が何とかするそうよ」「えっ?」「元々俺達はヴァルハイツを内面から切り崩そうと考えてたんだ

本当なら俺達もアミダエルって奴と戦うつもりだったが……」 ぽむんとオウラとエミリの頭を撫でる

「コイツらを保護しちまったからな」「ごめんな、バークの兄ちゃん……」「ごめんなさい……」「ばぁか! ガキが変な気使うんじゃねえよ

兄ちゃん達が勝手に助けたいって思って助けたんだ

悔いなんかねえよ」 生意気なと髪をわしわし

 その様子を見たディーヴァ達以外のエルフ達は、呆然とその様子を見ていた

 実際、人間を見るのが初めてな者達も多く、正直印象としている人間像とは違い、困惑する

 しかもエルフの少女がバークやサニラに懐いているところを見るに、悪い印象は薄れていく

あなたも好きかも:信奈の野望 スロット エピソード
 するとメリクリスは子供達の目線に合わせるよう屈んで尋ねる

「この人間さんは貴方達にとってどんな方ですか?」 その質問にくるっとお互いに見合わすと、ニコッと笑った

あなたも好きかも:パチンコ 新台 キン肉 マン 3
「あのな! バークの兄ちゃんはカッコイイんだぜ! 俺達が魔物に襲われてた時、助けてくれて、一緒に戦ってもくれたんだ!」「う、うん

バークお兄さんもサニラお姉さんもジードおじさんも良い人

あの町の人とは全然違う」 おじさんと言われたジードは、うぐっとちょっとショックを受けたが、好印象で何よりと涙を飲んだ

 何せエミリは冒険者を怖がっていた節があった

 ここまでの旅路の間に少しでも信用してくれたのは有り難い