パチンコ 蒼天の拳 天帰 保留

パチンコ 蒼天の拳 天帰 保留

「元土神よ

あなたも好きかも:ルパン スロット 一撃
とは言え、何億ラグヌス(年)も前に 引退して、殆ど隠居状態で まともな生き物がいない場所を見つけては こうして、ダラダラと過ごしているの」「……やっぱりマイカが……」「でしょうね

タイミングが良すぎるし 私たちの補助と、ついでに ドロシーちゃんの教育係を、一人増やしたんでしょう」「なんであんな姿を……」「本人が好きみたいよ

腹の体積が多い方が 物理体のバランスがとりやすいって、昔聞いたわ

 頭は、あれは剥げた髪じゃなくて感知するための触覚よね」「二人に増設は任せとけばいいんでゲスか?」「うん

どうせ作業が終わるまで 中に入れないだろうし、 私たちは、ここでデートの続きを楽しみましょうー」「……」とりあえず、その場にドルナジャと座って海蛇のような色とりどりのフロアを見つめることにする

唖然とする暇もないうちに、謎の生物がまた一人仲間に加わってしまった

海蛇のように泳ぎ回る色とりどりの液体金属を隣り合って座り眺める

あなたも好きかも:まどマギ スロット ステップアップ
二人とも闘気は出したままである

あなたも好きかも:パズドラ ルーレット 陣
ふと、思い出したので訊いてみる

「なんかお前、パラーサーさんと話してるときに 虚無の王が設置した装置とか パワーバランスがどうとか話していたでゲスな」ドルナジャは、のけぞりながら「うっ……い、いや推測よ

 私たち、上位神の間では、超魔竜要塞を守るための 装置は虚無王が設置したと……いや待てよ

 もう話さなかったっけ?」かもしれないが記憶にない

「そうだったでゲスか? とにかく、装置は虚無の王が設置した可能性が高いと」「ぃっ一応ね、一応そういうことにしてるってことで」ドルナジャは誤魔化すように抱き着いてきた

残像を残しながら、サッと三メートルほど横に避けると、残像を残しながらドルナジャはサッと抱き着いてきた

それをまたサッと残像を残して避ける

ということは数分間続けたのちに二人で示し合わせたように元の位置に座りなおした