パチンコ 爆笑

パチンコ 爆笑

『何のことです?』「え?」 彼らは先ほど援護してくれたMBT-70に気付いていなかったのか? でも、MBT-70に攻撃が集中したからこそ、敵の戦車部隊はかなり無防備になったのだ

上空から対戦車ミサイルで攻撃していたのならば、敵が応戦する戦車に攻撃を集中し始めたことに気付いている筈である

「援護してくれていたMBT-70だ

あなたも好きかも:ベラジョン スロット 攻略
あの戦車は無事なのか?」『MBT-70? いえ、いませんでしたよ?』「なに?」 そんなバカな

 敵の戦車をミサイルで次々に撃破した挙句、囮になってくれたのに気づかなかったのだろうか

あなたも好きかも:スロット 巨人の星 天井
『突然、敵の戦車が何もない場所を攻撃したり、急に爆発して擱座してたんですが………………同志ハヤカワたちの攻撃ではないのですか?』 ―――――――何もない場所を攻撃した? ぞっとしながら、俺は後ろを振り向いた

相変わらず周囲は濃霧で覆われているから視界は最悪だったけれど、まだあのMBT-70の姿や砲撃した際の炎はうっすらと見える筈である

 あの戦車がいなかったわけがない

俺たちはあのMBT-70のすぐ隣を通過したし、助けに来てくれた戦車が放ったシレイラが敵戦車を直撃して撃破したのも目の当たりにしている

きっと濃霧のせいで、ヘリのパイロットたちが気付かなかっただけなのだろう

あなたも好きかも:リゼロ2 スロット 新台
 そう思いながら後ろを振り向いたが―――――――濃霧の向こうには、何も見えなかった

 いつの間にか戦車の主砲が発する轟音や、鋼鉄のキャタピラが地面を踏みしめる音すら聞こえない

「なあ………………さっき、MBT-70がいたよな?」「うん、私も見た」「私も」 ちらりと隣を走っているハンヴィーの運転席を見ると、運転席に乗っているケーターや、助手席に乗っているエイブラムスの乗組員も首を縦に振っていた

 ヘリのパイロットたちには見えていなかったというのか? あの戦車を見たのは俺たちだけなのか? ぞっとしながら、俺はバイクを走らせ続けた

 ダイナモ作戦は成功した

 奮戦していたモリガン・カンパニーの残存部隊は大損害を被ったものの、生存者や負傷兵はしっかりとテンプル騎士団の強襲揚陸艦に収容したし、彼らが守り抜いてくれた非戦闘員も救い出す事ができた

残念ながら戦死者の遺体を全て回収することはできなかったが、この忌々しい災禍の紅月が終わったならば、しっかりと回収して埋葬する予定である

 強襲揚陸艦の甲板から、濃霧に包まれた沿岸部を見渡す