パチスロ 導入日

パチスロ 導入日

ただし、ゼクウの意図するところはさらに先があったということを彼女は知らなかっただけである

「やあローア」 そしてローアの向かう先の通路に老人が立っていた

それを見てローアが狼狽える

「お爺さま、なぜここに?」「少しばかりお前に用があったのだよローア」 その言葉にローアが嬉しそうに笑みを浮かべる

「まあ、でしたらお呼びいただけましたらわたくしが向かいましたのに

あなたも好きかも:十字架3 スロット 歌
その……今は立て込んでおりますが、すぐに向かいますのでお爺さまは屋敷でお待ちになっていてください」「ふむ、その呪具といい、まったくお前は仕事が速いな」 ゼクウの言葉にローアが微笑んで頷いた

あなたも好きかも:若松 パチンコ
「お爺さまを無粋な輩たちから護るためですわ

お爺さまの潔癖を証明できれば最悪、アモリアを捨てて他の国に逃げてしまえば良いだけのこと」「まあ、ミンシアナの王族に悪魔がいると知れて、私の無実が証明できれば……あの国との関係性はともかく他の国への面目と悪魔狩りのメンツは保たれるかもしれんな」 ゼクウの言葉にローアが強く頷く

「そこまでご承知であればなおさらお爺さまはお屋敷へと

あなたも好きかも:スロット ファフナー だくお
場合によっては白き一団がここを訪ねてくるかもしれません」「そうだな

だから私は急がねばならん

お前は予想以上に早く動いた

だから私も少し予定を繰り上げることにしたのだよ」「……予定ですか?」 眉をひそめるローアにゼクウが頷く

「ああ、今日はお別れを言いに来たのだ」「お別れ?」 ローアの顔が呆気にとられたものに変わった

「そうだ