八幡 パチンコ

八幡 パチンコ

 そして、その巨人のほかにもうひとり、乱入者がいたことがわかったのは、エイン=ラジャールからの報告があってからのことだった

「セツナが……」 レオンガンドは、遠眼鏡を手にしたまま、呆然と、ジゼルコート邸を見遣った

 あれだけ絶望を振りまいた脅威の存在が、セツナと巨人によって一蹴されるなど、だれが想像できよう

期待していたものはいるかもしれない

セツナならば、あのような化け物も撃破してくれるに違いないと、信じていたものもいるかもしれない

あなたも好きかも:スロット アルゼ アレックス
しかし、セツナがこの場に辿り着く可能性は極めて低く、現実的な考えではなかった

「セツナはどうやって?」「おそらくですが、黒き矛の転移能力でしょう」「ほかに考えられんか……」 レオンガンドが放心気味につぶやくと、エインとアレグリアが微笑みを浮かべながらうなずいた

あなたも好きかも:パチンコ 大海5
ふたりとも、熱烈なセツナ信者だった

無論、レオンガンドも、だ

「全軍、前進せよ」 レオンガンドは声高に命じると、心を落ち着かせるようにゆっくりと空気を吸い込んだ

あなたも好きかも:麻雀ゲーム つまらない
「今度こそジゼルコートを討つのだ」 ジゼルコートを討ち、この内乱を終わらせる

 それでようやく、レオンガンドたちは落ち着くことができる

 セツナとグリフの戦闘は、激しさを増す一方だった

 白き外骨格に覆われたかのような巨人と、黒き矛を手にした血まみれの少年