リゼロ スロット スルー

リゼロ スロット スルー

1870年前半・普仏戦争直前のモルトケ そして参謀総長は1883年5月20日に発せられた皇帝勅令によって、更に強力な権力を得ることとなります

あなたも好きかも:ブラックジャック プレイ
 これが世に名高く後に日本でも採用され様々に論議されることとなる「帷幄上奏権(いあくじょうそうけん)」で、参謀総長=モルトケは毎週決まった日に「御前講義」の名の下に直接皇帝(法制上は普国王)に拝謁し意見を奏上することが可能となったのです

これまでも参謀総長は国王に対し直接奏上することがありましたがこれは戦時に限ったものでした

また、毎週決まった日以外にも参謀総長が至急と感じた場合には様々な「関門」を飛び越して普国王に拝謁することも可能となっていました

 これにより参謀総長は「誰からも邪魔されず皇帝にもの申すことが可能な」存在となります

あなたも好きかも:スロット 初めて行く店
モルトケは軍の装備品に関する開発・研究・予算や軍需品や武器の正式化と配備以外、陸軍省(大臣)や普王の直属諮問機関「軍事内局」からも横槍を受けることがなくなったのでした

☆参謀士官資質の変化 この時代(普仏戦後から19世紀末)、参謀士官として認められ独り立ちするには先ず陸軍大学に入り無事に卒業することと、その後の2年間、参謀本部勤務を卒なく完了することが必要でした

例外的に高級副官(どの時代でも上層貴族の子弟やコネが強力な者が多いものです)を無難にこなした者が選抜される場合もあります

 陸軍大学が参謀総長直属の機関となると、グナイゼナウ以来「参謀たるもの」としてずっと奨励されて来た一般教養の修得機運は廃れてしまいました

モルトケ自身が陸軍大学時代(あのクラウゼヴィッツ校長時代です)に励んだ戦史以外の歴史や文学の探求は語学以外「当座重要ではないもの」とされてしまうのです

あなたも好きかも:天満 スロット
 モルトケは普仏戦争の結果、急速に発展する武器とそれに伴う戦術の変化に戸惑い混乱する指揮中枢を憂い、これからの戦争では日進月歩な新しい軍事技術を完璧に理解する「軍事の専門家」が多数必要になると確信し、この意を受けた陸軍大学の教官たちは生徒に対し、例えばギボンのローマ帝国衰亡史を原語(英語です)で読破するとかラテン語でギリシャ古典悲劇を暗唱するとかは参謀士官にとって二の次・「余計な知識」、そんな暇があるのなら兵站の計算問題や戦術学の教本を丸暗記すべきだ、と語るのでした

 そして陸軍大学を優等で卒業した士官たちは参謀本部で2年間の研修に入るのです

 先ずは先輩士官の下で副官・助手として従事し参謀本部員が備えるべき「正確・緻密・迅速で几帳面」な業務姿勢を叩き込まれ、その間、上司からは将来「役に立つか立たないか」を見極められます

「役に立つ」と見做された人間はやがて部隊指揮の根幹である戦術論に磨きを掛け、作戦立案のキモを徹底的に学び、兵棋演習、参謀演習旅行、そして戦史や地誌研究で優秀な姿を見せるよう発破を掛けられたのでした

 確かに19世紀末、武器の進歩や戦術の変化は劇的なほど急速であり、参謀に課せられる任務も多方面に渡り、どのような天才であっても一人の人間の頭脳では処理不可能な激務になっていました