ツイン2 スロット

ツイン2 スロット

じゃあオトガイ商店については?」「――……知っている

第四層にある、商店だろう

一度入って、追い出されたことがある」「なるほど」「リンドウ、何を納得した」「ははっ、そのくらいは自分で考えなよディーケイ

なあに、第四層に行くこともあるんだなと納得しただけさ

――おっと、余計な真似はしない方がいい」 首から離した足は、そのままディーケイの右手首を踏んだ

それほど体重は乗せていないが、痛みはあるだろう

大地との板挟みだ

「君はどうやら甘く見ているだろうけど、リンドウがいなければ、とっくに君の右腕は使い物にならなくなってる」「……え? 僕はべつに止めないけど」「じゃ、このまま指くらいは全部折ってやろうか

あなたも好きかも:プローバ パチンコ
簡単だ、このまま足に体重をかけて、ねじりながら潰してやればいい」「……やめて、くれ」「あの日の夜のことなら、言った通り、君の運がなかっただけだよ

私とリンドウは、知り合いとあそこで会話をしていた

あなたも好きかも:メイプルストーリー パチンコ 確変
君の視力じゃ、三人目までは見つけられなかっただろうけれどね

あなたも好きかも:ギルクラ スロット 中押し
君を待っていたわけじゃない――君が、入り込んだ

被り物を取ったのは、私の意地悪さ

ま、そこから先に対して話題にすら上がらなかったけど」「そういえば、そうだね

どうしてだろう」「リンドウの理由は?」「え? 話題にするほどの問題じゃなかったし……」「低脅威目標だったってことかな」「どう、だろう

僕は日頃からそういう意識はしないけど、ディーケイは僕と敵対したいのかな」「――いや」「うん

だったらそれでいいじゃない、今は」「簡単だなあ……ま、いいか