スロット 当たり目

スロット 当たり目

 ……こうして可能性の話を始めてしまえば、はっきり言ってきりがないのだが、そのきりのなさを全て恐怖に変えるのが渦波様の力なのだろう

「ふ、ふふっ

ふふふ――! もう笑うしかありませんね……

あなたも好きかも:大阪 パチンコ おすすめ
ほんと笑うしか、ないですよ……

あなたも好きかも:スロット さくらんぼ
こんなの……!」 ならば、諦めるのか……? またいい子になって、そっと舞台から姿を消すのか……? それだけは――ない

あなたも好きかも:インカジ 遠隔
 絶対にない

 二度と諦めたくない

 もう絶対に諦めないと、そう私は誓った

 ならば、考えろ

 考えろ考えろ考えろ

 最悪、勝てなくてもいい

どうにか、渦波様を陥れる方法だけでも考え続けろ――!!「『次元の理を盗むもの』と戦う場合、中途半端な勝機など意味はなく……百パーセントか零パーセント、この二つしか存在しない……」 そして、この世に百パーセントなんて絶対的なものはなく、人間に手が届くのは零パーセントのみならば、私が目指すべき戦い方は、もしかして……――「……はあ

本当に嫌になります

……まあ、どちらにせよ、ファフナーの馬鹿は拾いに行きましょうか

あれだけ脅して、伏兵として出てこなかったのならば、もう間違いありません

まだ迷宮から召喚されてすらいないのでしょう」 私は次元魔法《コネクション》を発動させて、山頂に光り輝く魔法の扉を作る

急いで各国に配置した扉だけでなく、迷宮の私の層――六十層にも移動可能だ